ロシアンブルーの性格と歴史

美しい被毛とスリムな体、ザ・猫という印象のロシアンブルー

スリムで美しい肢体、被毛も滑らかで輝くようなつやを持ち、その瞳は美しいグリーンです。
ロシアンブルーは本当に美しく猫らしい猫で、毛質は最高にシルキー、さわり心地が最高級といわれています。
ダブルコートの被毛だからこそ美しさがあり、ブルーで光沢のある毛質はこのロシアンブルーにしかない特徴です。

性格は非常におとなしい猫で、固体によってはほぼ鳴き声を聞いたことがないというくらいに静かな猫になります。
めったに鳴くことがないといわれるロシアンブルーは飼い主にとても従順、飼い主の事が大好きな猫なので、飼っている人からすると本当に可愛くて仕方ない猫といえるのです。

美しいシルキーな毛質と肢体をもっているロシアンブルーは、口元が丸みを帯びているので、ニコッと微笑んでいるようなイメージがあります。
そのため、その口元はロシアンスマイルを呼ばれ、その肢体ゆえにクールに見えるイメージを非常に柔らかなものとしているのです。

ロシアンブルーはどこで誕生したの?その歴史とは

交配などで誕生する猫の種類もありますが、ロシアンブルーは自然発生で生まれた猫といわれています。
ロシア、アルハンゲリスク港で自然発生したといわれているので、アルハンゲルキャットという別名ももっているのです。

原型となっているのは1860年あたりに、ロシアの商船に乗った猫といわれ、その猫がイギリスにわたり、イギリスなどのブリーダーたちによって品種となったといわれています。
1875年、この時にはアルハンゲルキャットとしてクリスタルパレスのショーに登場したのがショーデビューです。
その後、1900年代になってイギリスで血統登録、この時、アルハンゲルキャットからロシアンブルーという名前になったのです。

その後、第二次世界大戦後に数が極端に減少します。
そこでシャムと交配させたことで体型がかなりのスリム型からぽっちゃりに変わってしまったのです。
しかしさらに後、スカンジナビア半島に暮らすロシアンブルーと交配させたことでスリムな体型を取り戻したといわれています。

スリムになったロシアンブルーは一気に人気が回復、現在も高い人気を誇る猫となっているのです。
長毛種のロシアンブルーは非常に美しくネベロングという名称で呼ばれています。
この長毛種のネベロングは、薄い霧のような猫というドイツ語です。

アメリカではまだ品種登録されていないのですが、現在、オーストラリアでブリーダーが作出したロシアン・ホワイト、ロシアン・ブラックという種類もいます。
またロシアンショートヘアと呼ばれる猫もいるのですが、これは、ロシアンブルーやロシアンピーチ、ロシアン・ブラックなどの総称とされているもので、品種個体を表すものではないようです。