猫と引っ越すとしたら?

猫との引越し準備

ペットと一緒の引越しは、人間だけで引越す時と比べてかなり大変な部分が多くなっております。
そのため、引越しする前にどのようなポイントに注目して引越す必要があるのかをしっかりと考える必要があります。

特に引越し当日に、荷物を部屋から室外に出す時に待機している場所を確保しておく必要があるのです。
ケージに入れて待機してもらうと、ケージを片付ける手間がかかってしまいますので、基本的には、移動の際に入っていてもらうクレートにトイレシートを入れて待機してもらう事が多いのですが、個人的には、お風呂場に餌と水、トイレシートを用意しておくのがおすすめです。

ある程度の広さも確保する事ができますし、少し離れた場所で作業する事ができますので飼い猫によけいなプレッシャーを与える事はありません。
また、おしっこなどを失敗してしまっても、直ぐに洗い流す事ができますのでおすすめです。
ただでさえ移動がとても大変な状態で、荷物の積み込みでも大変になってしまうと、体調を崩してしまう可能性がありますのでお風呂場を利用してください。

新居についたらトイレを

新居について最初に行う事は、トイレの場所を教える事です。
猫は自分のおしっこの臭いのする所でトイレをしますので、引越し前におしっこの臭いなどが付着しているシートなどがあれば、それをトイレに入れてあげると初めての家でもトイレを覚えてくれますのでおすすめです。
最初は飼い主さんがトイレの上まで持って行って教えてあげると良いでしょう。

新居でも猫の家を

新居は色々な部分が異なっております。
そのため、猫も不安に思ってしまうと思います。

新居についたら、なるべく早い段階で猫の家の配置を元の物に近いようにしてあげてください。
ご飯とお水の位置であったり、お気に入りの毛布であったりと、ポジションに合わせてなるべく近い形で再現してあげるようにしてください。
ダンボールだらけの新居の中で、少しでも心が休まる所を用意してあげる事がとても重要になります。

近くの病院を探す

引越しが終ったら、これから愛猫がお世話になる病院をしっかりと探しておく事が重要になります。
猫は生き物ですので、いきなり体調を崩してしまう場合があります。
そうなってから猫の病院を探すのでは間に合わない可能性もありますし、どしてもドタバタしてしまう可能性もあります。

もし今後体調を崩す事があったとしても、前以て病院を調べておけば、パニックにならずにしっかりと病院に通うことができます。
特に土地勘のない場所に引越すような場合には、事前チェックしておいて時間を見つけて実際に病院に行ってみてください。
その際に、定休日や診察時間などもしっかりとチェックしておくようにしてください。