猫のための災害対策

震災の傷跡

2011年の3月11日に起こった東氏日本大震災は多くの傷跡を残しました。
現在でも入れない危険区域には沢山の犬や猫が生活しています。
それらの猫や犬は野犬や野良ネコではなく、震災の時に連れて行く事が出来なかった猫も沢山いたそうです。
仮設住宅では、人間が生きて行くのに必死だったため、泣く泣くペットを被災地に置いて行くしかなかった方も多く、震災の被害は人間だけでなく、ペットなどにも広がっていました。

ペット被害が増えた理由

震災の時にペットの被害が多かった一番の理由は、震災時にペットの処遇を考えていなかった事です。
犬や猫をそのまま避難所に連れていっても、設備が整っていないような場合には、他の避難者の方に迷惑をかけてしまったり、ペット同士のトラブルにも繋がります。

また、避難所の方は精神的にも肉体的にも余裕がある方が少ないという事もあり、あまり歓迎されていなかった避難所が大半でした。
しっかりとした価値観が設定されていない場所では色々なトラブルが起こります。
ある程度のガイドラインという物を知っておく事がペット被害を最小限に食い止める際に必要な要素になるのです。

日頃から行う事

いきなり震災になっても上手に避難する事ができません。
最も重要な事は、事前に避難所や避難経路などを話し合っておく事です。

災害マップなどをチェックすれば、どこにどのような避難所があるかを確認する事ができます。
その中にあるペットとの同行避難できる避難所を選ぶと安心して避難することができます。
そういった所では、震災から数日が経過すると動物救護センターが開設されたり、治療やペットフードが配給されます。

これは地域によりますので事前に確認してください。
また、犬はリードがあれば問題ありませんが、猫はクレートやキャリーバッグでの移動になります。
日頃から慣れていないと中々入ってくれないような場合もあります。
日頃から中におやつなどを入れて入るのに抵抗が無くなるような訓練をしておくのも重要な事になります。

避難準備

人間は、カンパンや懐中電灯、水などの避難グッズを用意してあるかも知れませんが、猫用の避難グッズもいっしょに集めておいてください。
ウェットティッシュであったり、キャットフード、ブラシ、日頃から良く寝ているタオルケットなどがあるのがおすすめです。

これ以外にも首輪に迷子札などを付けておいたり、マイクロチップなどを入れておくのも大事な準備になります。
もし余裕があれば、ワクチンの接種記録のコピーであったり、猫の食器や水、大好きなオモチャ、リードなどがあると快適に過ごす事ができます。
いきなり震災があっても対応する事ができませんので、前以て心の準備をしておくようにしてください。