猫の睡眠

いつも寝てばかりいる猫

猫と一緒に生活していると、猫はいつでも寝ている事に気が付くと思います。
少しの時間でも睡眠を取る猫はいつ起きているのか心配になってしまう程、寝たばかりの生活をしています。
成人した猫が一日になる睡眠時間は、およそ14時間から16時間、子猫に至っては、なんと20時間も睡眠時間が必要というのですから驚きです。

なぜ、猫がこのように長い睡眠時間がひつようなのかと言うと、野生時代の名残で体力を最も使う狩りに備えて一日の三分の二を睡眠にあてているみたいです。
また、一般的に肉食動物と草食動物を比較した場合には、肉食動物の方が睡眠時間は長くなっておりますので、猫は虎やライオンのように食べている時と狩りをしている時以外は眠るようなサイクルになっているのです。
始めて猫を飼った方は、あまりに寝ているので心配になる方も多いのですが、元々、猫は良く眠る生き物ですので安心してください。

猫は夢を見るの?

猫が夢を見るかどうかは、猫語が解読されないと本当の所はわからないかも知れませんが、現在では、かなり高い確率で夢を見ていると推測されております。
猫と一緒に生活していると、寝言を言っていたり、手足がフニフニと動いているような所を見る事ができたり、時には急に寝ぼけて動き出すような事もあります。
寝言をいったり、身体がビクッてなるような時にはレム睡眠中である可能性が高く、レム催眠中はゆめを見ている可能性が高くなっております。

猫の眠りの深さ

猫は何か音がしたら寝ていてもすぐに起きて体勢を整えます。
これは、野生の時の名残りなのですが、身体は寝ている状態でも脳は起きているレム催眠の状態が長い事もあります。

これは猫が昔、身の回りに危険が沢山あった野生での生活の名残りだと言われております。
熟睡してしまうと、いつ外敵から襲われるかわからないのでどうしても熟睡する事が出来なかったのです。
そのため、かなり多い睡眠時間だったとはいえ、人間のように熟睡している方が少なくなっているのです。

猫の睡眠は邪魔しないで

基本的に猫が寝ている時にはちょっかいを出したりして睡眠の邪魔をしないようにしてください。
猫は寝る時に紫外線によって身体でビタミンDを合成しています。
このビタミンDは毛穴から皮脂が分泌されます。
よく猫が体をペロペロしているのは、体内で合成されたビタミンDを合成しているのです。

また、睡眠中に起こされるとストレスが溜まってしまったり、肉体的に成長できないなどの弊害が出てしまい、病気になりやすかったりとかなりマイナスな働きになってしまいます。
健康でいつまでも長生きして欲しいと思ったら猫が眠っている時間は起こさないように注意してください。