具合が悪いときは何を食べる?

具合が悪いときの食事

今日は、具合が悪いときの食事について考えてみたいと思う。
というのも、先日ちょっと具合が悪くなったときに、やたら食欲が増してびっくりしてしまったからだ。
普通具合が悪くなると食欲は落ちるもんなのに、食べても食べても腹が減って、結局完治したころには2キロほど太ってしまっていた。

会社の同僚や友人に聞いてみたところ、具合が悪いときに食欲が増すという人はハッキリ言って俺だけだった。
そのときは、とにかくガッツリしたものや辛いもの、味付けの濃いものが食べたくで、スンドゥブを食べたり、夜は焼肉を食べたり、小腹がへってカップラーメンを食べてりしていた。これっていったいどういうこと?
思い返してみると、自分はちょっと疲れているとか、ちょっと元気が無いときは、いつもがっつり味付けのしっかりしたものが食べたく鳴る。前はとんかつにからしとソースをたっぷり塗りたくって食べたっけ。

なくならない食欲

そして、すっごく具合が悪いとき(熱だったら38℃超え)は、何も食べられない。でもそんなときはめったにないので、基本的に俺から食欲がなくなるというのは数年に一度しかない……。
周りには自分と同じような人がいなくてさみしかったので、ネットで見てみたら、少ないけれど自分と似たような人がいた。
その人の話だと、ちょっと体調が悪いときは、栄養を取り入れようとガッツリ食べたくなり、本気で体調が悪くなると、まずは体に刺激を与えず快復させるように、食欲が落ちるのではないかとのこと。
なるほど、そう考えると筋が通っている感じがするね。

本題に戻ります笑

とはいえ、ちょっと体調が悪い時にあまり食いまくっていては太る一方なので、食べるものを考えることにした。
とにかく味がしっかりしていて辛いものが食べたいので、第一候補はスンドゥブ。
スンドゥブは味がしっかりしている割にはカロリーが低いし、いろんな食材が入っていて栄養価も高いので、かなりおすすめだと思う。
近所にうまいスンドゥブのお店があるのでしょっちゅう行っているが、自宅にもレトルトのスンドゥブの素を2袋ほど常備することに。

あとは焼肉が食いたくてたまらなくなるのだが、焼肉を食いまくるのは財布的にもウエイト的にも大いに問題があるので、豚しゃぶにキムチを巻いて食べることにした。白髪ネギをたっぷりと、韓国のりも巻いて。
俺はちょっと体調が悪いときは、韓国料理が食べたくなるのか?いや、とんかつのときもあるからな。
そんなこんなで体調が悪いときの食事を暴走してしまわないように、ウエイトを来にしつつ栄養補給していこうと思う今日このごろなのであった。