背中もすっきり

だんだん暑くなってきた

すっかり暖かいというか、時によっては暑いと感じるようになった今日このごろ。
仕事の帰りなら涼しいのだが、出勤時は日差しの関係で車内が意外と暑くなることも多い。
といっても、クーラーをガンガン効かすほどではないし、そもそも一番の問題はそこではない。

車をある程度以上の時間運転していて、不快感の元となりやすい代表格は、「背中のムレ」である。
当然クーラーの風が届くこともないし、シートは基本的に保温性が良いので、背中がムレムレになって非常に困っているという人は多いと思う。
管理人もその一人で、運転中は体が活動状態になっているせいもあるのか、30分も持っていると背中が蒸れてしょうがない。
体調や気温によっては、蒸れるのを通り越して汗でグッチョリという、不快感マックスの状態にもなりうるだけに、何とかしたいと常日頃から考えてきた。

クールエアーカーシート

そんな中でWebでプラプラ、カー用品を探していたら良さげなものを見つけた。
いわゆる、シートの座面に設置して、ファンで強制的に換気するというもので、具体的な商品では「クールエアーカーシート」と呼ばれるものが多いようである。
この手の商品は、竹のシートカバーやメッシュタイプなど色々だが、力不足を感じることも多い。
商品説明を見ていると、シガーソケットに接続して、足元のファンで吸気、背中や尻の座面から吹き出すという構造のようだ。

レビューを見ていると、「座面がゴワゴワしている」「微妙に座り心地が悪い」などのマイナス点を挙げられつつも、総評としては「無いよりずっとマシ」「買ってよかった」という好意的な評価が多い。
確かに、背中のムレで問題になるのは、気温というより通気性で、別段無理に換気しなくても座面がメッシュになるだけでかなりましになることが予想される。
まして、ファンで強制的に風が送られるなら十分快適だろう。
すわり心地が悪化するというのも、構造を考えればしょうがない話で有るし、冬は外していれば良い。
それに、いくら居心地が悪いといっても、汗でぬめぬめしているよりはずっとマシなはずだ。

ちなみに設置の仕方は単純明快で、シートに乗せてゴムバンドで固定するだけ。
まぁ、一種のシートカバーだからなと納得しておく。
これはもう、実際に試してみるほかないなと思うわけで、早速価格コムにてポチっておいた。
構造が単純なだけあって、気軽に購入できる価格なのもポイント高いといえよう。
もうかなり背中が蒸れる季節なので、早く届かないかと楽しみである。