そろそろコタツ猫

コタツの時期

「猫はこたつで丸くなる」とは有名な童謡の一部だが、我が家でもそろそろこたつを出そうかという時期が来ている。

比較的暖かい(とは言え真冬なら零下も普通だが)家のあたりでは、部屋全体を暖房するよりこたつなどでピンポイントの暖房を行ったほうが効率が良いし、それで十分間に合う。

個人的な体質というか慣れとしても、ファンヒーターなどで暖められた部屋は足元が寒い割に頭のあたりが暑くてどうにも不快感が先に立ってしまう。

最新のエアコンであれば、効率良く部屋全体を温めることもできるようなのだが、もともと部屋は少し寒いぐらいがちょうどよいと感じるので、足元だけ温まれば十分である。
ということで、うちの暖房はこたつが主役なのだが、そうなれば我が家の愛猫の行動も描写しなければならないだろう。
とは言え、我が家のムーはメインクーンという種類であり、どちらかと言うと寒さに強い。
むしろ、その本領は雪深い森で野ネズミを追うような生活で発揮されるタイプである。
毛もモサモサなので、今頃の季節は「快適です」という顔をしているし、うちのそこそこ寒いぐらいの気候だと、冬でも全然平気な顔をしている。

コタツは電源オフで

もちろん、こたつを出せば喜んで入ってくるのだが、入っているのは電源をOFFにしている時で、私が暖まろうと思って電源をONにすると「あちーよ」という迷惑そうな顔をして出てきてしまう。

暖かいところというより、暗くて狭いところというのが気に入っているのだろう。

そうやって出てきたムーがどこに行くかといえば、餌や水などを一舐めした後、こたつに入っている私の膝に乗ってくるのだ。
こたつに入っている私は、あぐらをかいているので、ちょうどそのくぼみに掛け布団ごと収まってジャストフィットという顔である。

ちなみに、私としてもムーが膝でくつろぐのは大歓迎なのだが(夏と違って暑くもないし)、如何せん長時間になってくると足も痺れて痛くなってくるし、当然トイレにも立ちたい。
そこでムーを膝から下ろすべきか否かで数分悩んで、泣く泣く追い出すというのがいつものパターンである。
要するにうちの場合、猫はこたつで丸くならずに膝を占拠する。
ある意味いつもの季節通りである。

ちなみに、こたつをONにすると熱すぎるが、電熱カーペットだけを弱でつけた状態のこたつの中は快適なようで、夜の間は寝床にしているようである。
弱で一部のみならつけっぱなしでも電気代は知れているし、部屋も冷え切らずに調度良いので、冬の夜中はもっぱらそれである。