猫に必要な栄養素

タンパク質は欠かせない

猫にとって必要な栄養素は、飼い主が把握できないほどあります。
中でも大切なのはタンパク質。
たんぱく質は、丈夫な筋肉を作るために欠かせないものです。

また、タンパク質といっても動物性たんぱくが適しています。
筋肉や内臓、皮膚、血管などの基本構成をしているのは動物性タンパク質です。
私たち人間にとっても大切な栄養素ですが、猫にとっては最も欠かせない栄養なのです。

キャットフードを選ぶ際は、高たんぱく配合のフードが理想です。
また、猫は舌で甘みを感じる細胞がありません。
そこで、砂糖や炭水化物などを好んで食べないため他の栄養素からのエネルギー摂取が必要です。

運動をしたらエネルギーを消費しますよね。
たんぱく質が不足すると丈夫な皮膚や筋肉を作り、新陳代謝を正常に行うことができなくなってしまいます。

ほとんどのキャットフードでは、たんぱく質を意識して配合されています。
ですが、穀類を多く含み炭水化物ばかり入っているフードもよく見かけます。

良質な栄養を与えてあげたいと思うのなら、高タンパクのフードを選んでください。
また、動物性タンパク質ならなお良しです。

皮膚や毛の健康を保つ必須脂肪酸

日本人は肌が弱いと言われていますが、猫も同じように肌の弱い生き物です。
私たち日本人は、日光や風、寒さ暑さ、細菌などから肌を守るために日焼け止めや肌のケアを欠かさず行っているでしょう。
毎日お風呂に入り、清潔を保ち肌の健康状態を維持していますよね。

では猫はどうでしょうか?
刺激を受けたまま、お風呂もたまにしか入らずセルフグルーミングケアしかしていません。

飼い主であれば、ブラッシングや肌ケアをしてあげるのは当然のこと。
でも、体外からのケアも大切ですが人間と同じように猫も体内からの肌ケアが大切です。

猫にとって皮膚と毛は、外部からの刺激をカットして、水分が失われるのを防ぎ、体内の栄養を蓄積するための大切な存在。
さらに、猫は健康状態が悪いとすぐに皮膚や毛の症状として現れます。
飼い主が猫の異変に早く気付くためには、皮膚や毛の状態を毎日チェックしておくことが大切です。

皮膚や毛の健康を維持するために欠かせない栄養素が、必須脂肪酸です。
脂肪の主要成分ですが、体内で作ることはできないため毎日食事から摂取する必要があります。

今回はたんぱく質と必須脂肪酸のみ紹介していますが、猫に必要な栄養素はまだまだあります。
アミノ酸もそうですし、ビタミンやミネラルも欠かせません。

手作り食を与えている方は、これらの栄養素を意識して食材を選んでください。
また、「健康のためだ」と言って猫に必要な栄養素を取り入れながら手作り食を作る必要はありません。

猫にとって大切な栄養がたっぷり入った、良質なキャットフードはたくさんあります。
キャットフードを慎重に選ぶことこそ、飼い主が最もしなければいけないことではないでしょうか。