猫が食べてはいけないもの

猫は犬の次になんでも食べてしまう

お菓子でも人間の食べ物でも、犬はなんでも食べてしまいますよね。
肉食である猫も同じように、なんでも食べます。

雑草も食べますし、時には遊んでいる拍子にティッシュを食べてしまうことも。
人が食べれるものだから大丈夫だと言っても、猫にとっては食べてはいけない食材などたくさんあるので注意しましょう。

犬と猫では、食べてはいけないものの種類が似ています。
犬と猫は共通点が多く、違いがあるといえば性格です。

体が小さいので、食べてはいけないものを少しでも食べると大きな影響が出ます。
その為、特に注意が必要なのです。

猫が食べてはいけないものとは?

たとえばネギ類。
ネギ類は犬も食べてはいけないものとして言われています。

ネギ類には、血液の中の赤血球を破壊する成分が含まれています。
急性の貧血を起こしたり、尿に血が混ざるなどの症状が出ることも。

ネギ類を加えて煮込んだスープもダメ。
ちょっと食べてしまうだけでも下痢、嘔吐、熱などの症状が出ることがあるので注意が必要です。

猫は魚が好きだというイメージを持っている方が多いでしょう。
でも魚の与え過ぎはよくありません。

魚介類には猫にとって必要なビタミンB1がほとんど含まれていないので、魚ばかりあげていると栄養に偏りが出ます。
また、同じ魚介類でもイカは猫にとって食べてはいけないものです。
生のイカを食べさせると急性のビタミンB1不足を起こし、歩行困難になるケースも出ています。

チョコレートなどのカカオが含まれている食材もダメです。
血圧を上昇させ、不整脈を起こす可能性がありますし時には心不全を引き起こし死に至るケースも。
乳糖がたくさん含まれている牛乳もいけません。
猫には牛乳の乳糖を分解する酵素がないので下痢をしてしまいます。

果物の中ではブドウが食べてはいけない食材と言われています。
腎臓機能に障害を与えて、死に至るケースもあるそうです。

当たり前ですが、人間と同じように塩分の濃いものは猫にとっても害のある食材となります。
汗線が発達していない猫にとって塩分はほとんど必要ないもので、リンやマグネシウムの接種も結石になる可能性があります。

野菜の中では、ナス科の野菜が猫にとって必要のない食材です。
ナスやトマト、ジャガイモなどにはソラニンが含まれており、神経に作用する毒性があります。
体が小さな猫が大量に摂取すると危険です。

個人差によって食べ物による症状が大きく出る可能性があります。
ほんのひとかけら食べただけでも、体に支障をきたすこともあるのです。

このように、猫にとって食べてはいけないものはたくさんあります。
落ちているものをなんでも食べてしまう犬とは少し注意の仕方が違うかもしれませんね。
我が家の場合は食事をするときもそばにいるので、食べてしまわないように注意しています。

愛猫にはいつまでも元気でいてほしいですから。
食べてはいけないものが食卓に並んでいる時は、より注意してみるべきですね。