餌の与え方を見直す

猫は食事の回数が多い

猫の食事の回数は正確には決まっていません。
子猫は1日4回以上食事を取ります。
母乳から始まり、人口ミルクを与えるにも1度に大量のミルクを飲むわけではなく、少しずつ分けて飲みます。

「成猫は1日2回の食事で充分だ」などと言われていますが、実はこの考えは間違いです。
飼い主が昼間も家にいるとは限りませんよね?
昼間世話をすることができない人間が、「朝と晩の1日2回で良い」などという決まりを作ったのです。

犬と猫の違いを見るとよくわかります。
犬は「待て」といえば餌を食べずに待っていますし、基本は朝・昼・夜、人間と同じように、1日3回の食事をします。
猫はどうでしょう?

猫は「待て」と言っても待ちませんし、フラッとやってきては食べて、残して去っていく。
そんな性格をしています。

これは性格の問題だけではなく、猫の胃腸は小さくたくさんの食事を一度に取ることができないためです。
また、胃腸の調子もすぐに悪くなってしまうので自分で調整しているのです。

野生の猫は、1日に何度も小動物を捕まえ、お腹がすくたびに食事をしていました。
犬のように食事の時間を決めることなどできません。
また、夜行性のため夜中にも食事を取るのです。

我が家で言えば、僕の猫は子供が掴んだ「一握り分」くらいの量しか食べません。
1度にそれくらいしか食べないからこそ、1日4回は食事をしています。
そのたびに、食べ残しにはけじめをしっかりとつけるようにしています。

食事のけじめをつける

まず猫は気まぐれです。
腹五分目までしか食べないこともあれば、お腹いっぱいまで食べてしまうこともあります。

年を取ったり、去勢手術をして性欲が減少すると余計に食べる量が多くなり反面運動量は減ります。
1度にたくさんの食事を与えると、猫が残した食事の鮮度が落ちて衛生的にはよくありませんね。

人間と同じように、いつまでもテーブルの上に食事を置いておくわけにはいかないのです。
そこで、食べ残しにはきっちりとけじめをつけて、飼い主が片づける必要があります。

猫にとって水は飲むためだけのものではありません。
前足を洗うこともあるので、都度汚れます。

水もフードも、定期的に取り替えが必要です。
好き嫌いもありますし、食べ残したキャットフードを避けながら、鮮度の良いフードばかり食べる子もいるので衛生面を考えるとしっかりけじめをつけるべきです。

偏食と肥満に気を付ける

「いつまでも餌を与えっぱなし」これが一番よくありませんね。
飼い主は定期的に猫の食事を見直す必要があります。

偏食は健康に悪いですし、肥満になると当然寿命も短くなります。
「与えっぱなし」だといつ偏食・肥満になってもおかしくないので、ある程度のしつけは必要なのです。

猫は学習能力が高い生き物です。
嫌いな食べ物を残して、猫が好きな食べ物ばかり与えていると学習して、本当に嫌いな食べ物だけ食べなくなります。
それこそ人間の子供と同じように、食べにくい物やおいしくない物、お気に召さないものはすべて残すようになってしまうでしょう。

つまり、偏食も肥満も飼い主の飼い方によって決まるというわけです。
猫の健康管理は飼い主の責任。
しっかり食事について考えてあげたいですね。