名前を覚えさせる

音でしつける

猫はヒトやその他の動物に比べると、学習能力が劣るため何度も何度も繰り返しが必要です。
何かを教える時によく使われるのが音です。
オペラント条件付けを使うのですが、音を聞かせ、そしてその音でえさや遊びなどの快の行動を与える。

これを繰り返すと、その音を聞いたら快になると覚えていきます。
よくあるのが、猫缶をあける音がすると呼んでもないのに足元に寄ってくる事象。
これは、猫缶の音を聞くとエサがもらえると脳記憶されているので、その音で反応しているのです。

名前をつける意味

ヒトは識別するために名前をつけます。
それの名前は自分も認識していないといけませんし、他人も認識していないといけません。
ペットに名前をつけるのは、飼い主の都合です。
決して、呼びよせるための名前ではありません。

猫には、その名前の意味を理解していません、あくまでも飼い主が名前を呼ぶ時に発せられるその音に反応しているだけなのです。
ですので、名前が可愛いとか、カッコイイなどは完全にヒトの都合で、猫にとって名前そのものに意味は分かりません。

極端な話、名前をつけなくてもベルなどでも良いのです。
しつけを考えると、音として分かりやすい、呼びやすい名前が良いかもしれませんね。
長い名前や発音が難しいのは、音としても認識しづらいので、猫にとって記憶に残らず、名前を呼んで来るというしつけは難しくなってしまいます。

聞き取りやすい名前

猫にとって聞き取りやすいのは、音節が短く適度に濁音が含まれている音と言われています。
濁音はガ行、ザ行、ダ行などがありますね。

人気の名前は、レオやソラ、モモなど。
オスやメスによっても変わってきますが、2~3文字の名前が多いようです。
名前だけではなかなかしつけができない場合、ベルやクラッカー、口笛など、名前を呼ぶときに併せて使うとしつけの効果があります。

繰り返し呼ぶ

ヒトでも学習するには繰り返すことが必要です。
それも同じ条件のことを何度も何度も繰り返すことが必要で、そうしないと脳や体に定着しません。
猫は特に、学習能力が劣るので根気よく繰り返してしつけをします。

時には同じことを100回以上繰り返してようやく定着することもありますし、一筋縄ではいかないこともあるので、気長に時間をじっくりかけてしつけしましょう。
ベルを鳴らす、手を叩くなどの音を伴う合図を出した後には必ず快感を結びつけて、何度も繰り返します。

音の種類を変えると意味がありませんので、毎回同じ音が出せる状態にしましょう、そして快感も同じものを与えます。
覚えるまで何度も何度も同じ調子で教えこみます。
そうすることで、猫も次第に体にしみついて自然とその合図を聞くと体が反応するようになります。