シンガプーラの性格と歴史

小さくてとおとなしくなつっこい猫「シンガプーラ」

家猫の中でも本当に小さく、成猫でも体重が2キロから3キロ程度という猫が、シンガプーラです。
コビーに近いボディですが、四肢、胴体、尾などがコビーよりも長めでセミコビーと呼ばれます。
成猫でもメスは2キロ程度で、その小さい体つきとすばしこい様子から小さい妖精と呼ばれることもあるのです。

マレー語でライオンシティという意味を持つシンガプーラは、日本であまりお目にかかる事の出来ない猫ですが、小さく可愛い、おとなしくて甘えてくれる猫として今注目されています。
非常に愛らしく、優しい性格の猫です。

シンガプーラの小さい体、それ以外にも特徴がある

非常に小さい猫ですが、身体は筋肉質で四肢はしっかりとしています。
猫全体の中でも最少と呼ばれるセミコビーで、小柄、その眼にはアイラインが引かれているようなラインがあり、セクシーな瞳を持っているのです。
他の猫と比較すると耳の位置が少し離れている所も、シンガプーラの特徴といわれています。

短毛で触るとシルクのような質感を持ち、1本の毛に少なくとも2種類の色をもっている、ティッキングという被毛です。
そのため、光の当たり具合で被毛の色が違って見える事もあります。
耳はピッときれいに立ち、被毛の色は先端に向かうほどに色が濃くなって非常に美しいです。

おとなしい性格で人によくなつき甘えてくれる様も本当にかわいらしく、愛猫として可愛がっている飼い主さんが非常に多いといわれています。
きょとんとした表情が何とも愛らしくみていて飽きない猫です。

シンガプーラはどこで生まれた?その歴史を知りたい

1974年、シンガポール、当時その地に赴任していたアメリカ人夫婦が街角でセピア色の珍しい猫をみつけます。
アビシニアンにもよく似ているこの猫をアメリカに持ち帰った夫婦は「シンガプーラ」と名付け可愛がり、繁殖を始めたのです。

これがシンガプーラの歴史の始まりとされています。
小さい体と特徴的な顔、キュートで本当に愛らしい猫としてその後、世界中の愛猫家たちに注目されてきた猫です。

シンガプーラが家猫として飼われる以前は、排水管に暮していたり魚を捕まえて来たりしていたので、下水猫「ドレインキャット」などと呼ばれていたこともあります。
しかし今では小さくおとなしく、甘えん坊の可愛い猫として人気があるのです。
CFAに公認されたのは近年、1988年で、その後、シンガポールでは観光マスコットに起用されるなど、愛され続けています。

口元がきゅっとしていて他の猫よりも鼻下が短くいつも何かを考えているような、利発そうな表情も見えるのです。
非常に特徴が多く、飼い始めると愛してやまない猫になるのもキュートさ以外に沢山の魅力をもっているからです。