ベルギーの猫祭りが気になる

猫祭りの由来とは

猫祭りとはベルギーで行われるイベントであり、日本でも注目されています。
ベルギーのイーペルという小さな街の中で行われ、3年に一度開催されます。
オランダ語で猫パレードと呼ばれており、実際に猫がパレードしている様子を見られます。
ただし、本物の猫だけではなくて、猫に扮する人もパレードに参加しています。

メインのパレードの前にはスポンサーや関連団体のパレードも行われています。
パレードは3時間近くにわたって行われ、その間ずっと盛り上がります。
また、パレードの後には猫のぬいぐるみが投げられてそれを人が取るというイベントもあります。
あるいは、魔女の人形を火炙りするというショーも行われます。

パレードは有料で閲覧できるスタンドが設置されており、そこからだとパレードの様子をはっきりと確認できます。
もちろん、無料で閲覧することも可能であり、現地に行けば気軽にパレードを楽しめます。
いろいろな猫の仮装行列を楽しんだり、歌やダンスなども見たりすることができます。

歴史のあるお祭りであり、魔女狩りや猫殺しに関連したパレードも見られます。
最後の大トリは黒猫の王様シープルであり、全長50mを超えるほどの大きさの山車が出てきます。

猫祭りの楽しさ

猫祭りのメインはパレードであり、さまざまなグループが趣向を凝らした演出を考えていて、ずっと飽きません。
写真を撮影している人が多く、後で写真を見てお祭りの思い出に浸ることや家族や友達に見せることもできます。
パレードのルートは事前に地図で確認することができるため、ルートを覚えておくと良いです。

日本ではなかなか見られないパレードであり、大勢の人で賑わっていて迫力や熱気があります。
あまり猫に興味がないという人でも十分楽しめるイベントとなっています。
また、ベルギーという国そのものが他にも魅力がたくさんあるため、おすすめできます。

日本からの行き方

もし日本から猫祭りに参加したいならば、日本からのパッケージツアーがおすすめです。
ツアーの中にはパレードの観覧スタンド座席の券が含まれたものがあるからです。
これに申し込んでおけば、後は何も自分で準備することなく、気楽な気持ちでベルギーに向かえます。

ただし、猫祭りだけではなく、ベルギーの他の地域やオランダなど周辺国も含めて旅行したいならば、ツアーはやめましょう。
個人で計画を立てて旅行する場合は、猫祭りのパレードを路上で無料で見学する方法があります。
この場合、早めに席を確保しておかないと、せっかく来たのに全然パレードが見られなくなります。
地元の人が早く席取りをしているため、早めに現地に到着して用意しておきましょう。

あるいは、自分で観覧スタンドの席を予約しておくこともできます。
インターネットで簡単に予約購入が可能なため、興味のある方はチェックしてみましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です