青島へいつか行きたいな

青島はどうして猫島なのか

青島といえば猫島と呼ばれていることで知られているのですが、それはどうしてなのでしょうか。
その理由は、青島には猫がたくさん住んでいるからであり、観光地として注目されています。
猫好きの人にとっては夢のような環境となっており、とても楽しめるでしょう。

なんと島の人口よりも多くの猫が住んでいることで知られており、メディアやネットで話題となっているのです。
実はこのような猫島はたくさんあるのですが、その中でも特に青島が注目されることが多いです。
基本的に猫島は漁業の盛んな港町に形成されることが多く、害獣駆除を目的として連れてこられました。
それが今では生き残って繁殖を続けており、猫がとても多くなっているのです。

猫島は基本的に交通量が少ないため、猫にとっては安全に暮らせる環境が整っています。
また、漁が盛んに行われており、住民から可愛がられているため、猫にとっては楽園といえる場所なのです。

青島の魅力

猫島を訪れると100匹以上もの猫があなたを出迎えてくれるでしょう。
あまりにも猫がたくさんいるため、猫に注意をしながら歩かなければいけないのです。
また、猫の種類が豊富であり、長毛種から短毛種の猫までが揃っています。
子猫が見られることもあり、いろいろなタイプの猫を満喫できるでしょう。

個性豊かな猫がいて、それぞれ性格が違っているため、その点も楽しめます。
たとえば、とても人懐っこい猫もいれば、人を警戒しているような猫もいるのです。
中には自然と猫の方から寄ってくる場合もあり、このような猫は人懐っこいため、なでたり抱っこしたりすることができるのです。

青島の注意点

このように猫が充実している島なのですが、住民もいて、島で過ごすためのルールはしっかりと決められています。
地域の人達の生活に配慮することが大切であり、また猫島の環境が維持されるためにルールを守ることも求められるのです。

まず猫に与えるエサについては、所定の場所が決められているため注意しましょう。
また、定期船発着場という場所があり、その付近は物資を搬入しているため立ち止まってはいけません。
住宅の敷地内は当然私有地であり、そこに猫がいたからといって入ろうとしてはいけないです。
もしゴミが生じたならば自分の責任で必ず持ち帰るようにしましょう。

猫が可愛いからついエサを与えすぎてしまうかもしれませんが、それでは体調が悪くなってしまいます。
猫にあまりエサをやりすぎないように気をつけてください。
また、青島には自動販売機や商店といったものはないため、飲食物は事前に用意しておきましょう。

愛知県の大洲市にある長浜港から定期旅客船が出ているため、そちらを利用して島を訪れましょう。
ただし、島民の方のためのものであり、基本的に島民が優先されるため、その点は了承しましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です